crescent,inc

文字サイズ
を大きくする
普通にする
小さくする
3月30日   大安

本日の月は

クレッセントは イメージ エンジニアリング の プロフェッショナル集団です。



現在地はホームの中の製品販売の中のMREALの中の用途

MREAL

製品用途

エンターテインメント用途

  • プレビジュアライゼーション

    映画での建造物や街のセット設計、イベントでの設営作業など、実作業を行う前の企画段階で、事前に現場で設営位置やサイズを確認することができます。

  • IDE(イマーシブ・デジタルエンターテイメント)

    IDEとは、映画、演劇、ゲームの特性を併せ持つ、仮想空間の中に体験者が没入する新しいエンターテインメントです。MREALで得られる高い没入感はインタラクティブに体験できるコンテンツに利用できます。*IDEは4Dブレイン社が提唱する新しいエンターテインメントのコンセプトです。

産業用途

  • PLM(プロダクト・ライフ・マネージメント)の各段階に合わせたシミュレーション

    PLMの各段階に合わせた様々なシミュレーションを行うことができます。実寸大のCADデータを使ったDR(デザインレビュー)から、人間工学を加味した組付けシミュレーション、設計データを援用した組付トレーニングプログラム、アフターサービス用途の分解組立トレーニングなど、多くの利用価値を見いだせる筈です。

医療用途

  • Trans-Visible Navigator

    Trans-Visible Navigator(TVN)は、AR技術を使い、3次元再構築されたCTやMRIのデータを患者の頭部に重畳表示することで、まるで患部を透視しているかのように見せるナビゲーションシステムです。通常は専用のカメラ付きモニターを表示装置として使用しますが、主観視点でより直感的にデータを見るためにMREALを使用することが可能です。

PAGE TOP